最近、人気があるクレンジングの種類の一つがホットクレンジングです。

 

その名の通り、肌を温めながらメイクオフをすることができるのが特徴です。

 

でも、このホットクレンジングの効果や欠点について意外と知られていないのも事実です。

 

そこで、この記事ではホットクレンジングのメリットとデメリットや使う際の注意点、おすすめアイテムまで解説します。

ホットクレンジングの効果やメリットとは

まずはホットクレンジングの効果やメリットについて見ていきましょう。

1.毛穴の汚れがよく落ちるので皮脂や黒ずみで悩む人におすすめ

一つ目の効果が毛穴汚れがよく落ちることです。

 

ホットクレンジングは温感効果があるので、まるで蒸しタオルを乗せた時のように毛穴が開きます。

 

また、肌を柔らかくしてくれる効果もあるので、肌の柔軟性が高まるのです。

 

そもそもどうして毛穴が詰まったり黒ずみができるかというと肌が硬くなることで皮脂が排出できなくなるからです。

 

その点、ホットクレンジングでは毛穴を開き、肌を柔らかくした上で肌の汚れを洗い流すので、頑固な皮脂や角栓、黒ずみなどが落ちやすくなります。

2.肌に優しく刺激が少ない

2つ目の強みは肌に優しく刺激が少ないことです。

 

「温かい = 乾燥して刺激になりそう」と思われるかもしれませんが、実は普通のクレンジングよりも成分的にも刺激がありません。

 

そもそも、ホットクレンジングがどのように温感を演出しているかというと、保湿成分のグリセリンが水と混ざり合うことで温かくなる性質を利用しています。

 

ですので、ベースが保湿成分のグリセリンなので当然、肌に優しいんですね。

 

さらに、温感効果によりメイクや毛穴汚れを浮かして落とすので、強力な界面活性剤(クレンジング剤)が入っていないことが多いのも強みです。

 

このように、肌へうるおいを与えながら温感効果で無理なくメイクを落とすことから低刺激になっていると言えるのです。

3.肌を柔らかくすることで導入液のような浸透力アップ効果がある

ホットクレンジングは温感効果により肌を柔らかくしてくれるのでその後の化粧水や美容液、クリームなどの浸透を助けてくれる効果も期待できます。

 

つまり、導入液(ブースター)のように他の化粧品の浸透を助けてくれる効果があるんですね。

 

浸透が良いという点でクレンジングそのものにも美容成分が入っていることが多く、まるで美容液のような成分になっているクレンジングも結構あります。

 

一番最初にホットクレンジングを発売したのがマナラですが、マナラのホットクレンジングゲルはビタミンC誘導体やセラミドなど美容成分がたっぷり入っているのが特徴です。

 

これがしっかり肌に浸透してくれるので当然、美肌効果が期待できますよね。

 

このように、美容成分の浸透が良いのは嬉しい効果だと言えますね。

ホットクレンジングの欠点やデメリットとは

続いては欠点についても見ていきましょう。

1.オイルクレンジングに比べるとクレンジング力が劣る

ホットクレンジングはほとんどの場合、グリセリンという成分がたっぷり入っているジェルタイプのテクスチャーになっています。

 

ジェルタイプのクレンジングは洗浄力は決して低くはないもののオイルクレンジングに比べると少し洗浄力は落ちてしまうのが欠点だと言えます。

 

今まで強力なオイルクレンジングを使っていた人がホットクレンジングに切り替えるとメイク落ちが物足りなく感じる可能性もあるかもしれません。

 

ただ、オイルクレンジングの洗浄力が高いのは、それだけ強力な界面活性剤が入っているからで、肌への刺激も強くなりがちなのでメリットとデメリットが表裏一体になっている感じですね。

2.洗いあがりのしっとり感が合わない人もいる

ホットクレンジングは保湿成分のグリセリンなどが使われていることも多く、洗いあがりがしっとりします。

 

ただ、このしっとり感が人によっては「もっとさっぱりした洗いあがりのほうが良い」と感じることもあり、合わない人もいるのが特徴です。

 

また、しっとり感があるからといってスキンケアで保湿をしないと乾燥してしまうので、その点は注意してください。

3.アトピーなどかゆみがある人はかゆみが強くなる可能性がある

肌に炎症などがありかゆみを伴う人はホットクレンジングが合わない可能性があります。

 

温感効果によって血行が良くなるからです。

 

血行が良くなるとくすみがパッと取れたり顔色が明るくなるなど良い効果もありますが、一方でかゆみなどがある場合はかゆみが強くなりやすいという欠点もあります。

 

肌状態によっては合わないので注意してください。

ホットクレンジングの効果を引き出す使い方とは

 

ホットクレンジングを使う上で重要なポイントがいくつかあるので見ておきましょう。

1.乾いた手と顔に使う

これはとても大事なポイントになります。

 

ホットクレンジングはグリセリンで温感を出していますが、このグリセリンが水と混ざるとメイクと馴染みにくくなってしまうからです。

 

化粧が落ちにくくなるので、必ず乾いた手でジェルを取り、濡らさずに顔に馴染ませてください。

2.たっぷりの分量(メーカーが指定する使用量)を使う

特に高額なクレンジングを使う際につい節約して分量を少なめにしてしまいがちですが、分量が減ることで少ない量で落とそうとゴシゴシ摩擦をしてしまいがちです。

 

摩擦をすると肌へダメージが残る可能性があり、シミやしわなどの原因になります。

 

たっぷりの分量を使うように心がけてください。

3.ジェルが硬い場合は手で伸ばしてから顔に馴染ませる

メーカーや商品によって微妙に使い方は違うのですが、ホットクレンジングは硬めのテクスチャーになっていることがほとんどです。

 

というのが、柔らかいテクスチャーだと肌に思うように馴染まずに必要以上にこすってしまうことで肌にダメージを与える原因になるからです。

 

とはいえ、硬いジェルをそのまま顔に乗せるのも肌を傷める原因になるので、手でしっかり伸ばしてから顔に乗せるようにしてください。

 

基本的には商品ごとに使い方の説明書きがあるのでしっかり読んだうえで正しい手順で使うのが大事ですよ。

4.力を入れずにやさしくマッサージして時間をかけて馴染ませる

ホットクレンジングはテクスチャーが硬いからといって力を入れてゴシゴシこするのではなくて、力をいれずに優しくなじませるのがおすすめです。

 

ゆっくりマッサージをするように丁寧になじませることで温感効果が出て毛穴汚れが落ちやすくなります。

 

ホットクレンジングで肌荒れする原因の一つにゴシゴシこすりすぎるのもあるので、この点は気を付けてください。

5.ぬるま湯を使って丁寧にすすぐ

最後のすすぎは丁寧に行うことを心がけてください。

 

基本的にW洗顔不要のアイテムが多いと思いますが、メイクを落とすだけでなく毛穴汚れを同時に落とす目的もあるのですすぎには時間をかけてください。

 

熱いお湯を使うと乾燥やしわの原因になるので注意しましょう。

 

また、シャワーなどで流すのではなくて、手で丁寧に洗い流すことを心がけましょう。

おすすめのホットクレンジング化粧品

 

ホットクレンジングは色々な化粧品が発売されていて、有名どころだけでも以下のようなラインナップがあります。

 

  • マナラ ホットクレンジングゲル
  • スキンビル ホットクレンジングジェルN
  • ベネフィーク ホットクレンジング
  • シンデレラタイム ブースターセラム ナノクレンジングゲル ホット&ピール
  • orp TOKYO ホットクレンジングジェル
  • シズカ ホットクレイクレンジング
  • ツルリ 毛穴クリア ホットクレンジングジェル
  • ドクターシーラボ VC100 ホットピールクレンジングゲル EX
  • ラッシュピュア ホットクレンジングゲル ブラック
  • ボタニカルマルシェ ホットクレンジングジェル エンリッチ
  • エトゥセ プレミアムアミノホットクレンジング
  • DHC ホットクレンジングジェル
  • シュシュモア ホットクレンジングジェル
  • ラチェスカ ホットジェル クレンジング
  • クリアジーノ ホットクレンジングジェル

 

もしお好みのメーカーがある場合はそちらで購入するのもおすすめですが、ホットクレンジング初体験でどれを選ぶか迷う場合はマナラ(maNara)かスキンビル(skinbill)のどちらかを使うのがおすすめです。

 

これらがホットクレンジングでは最も定番の化粧品になるからです。

 

順番に見ていきましょう。

マナラ ホットクレンジングゲル

ホットクレンジングを一番最初に発売したのがマナラです。

 

それまでホットクレンジングというジャンルがなかった中でマナラが流行らせたと言っても過言ではないと思います。

 

それくらい人気が高い化粧品になっています。

 

ですので、ホットクレンジングを試すならマナラホットクレンジングゲルが一番おすすめです。

 

成分的にもビタミンC誘導体やハイドロキノン誘導体、ローヤルゼリー、アスタキサンチンなど美容液に入っているような成分がたっぷり入っています。

 

定番ですが一番人気だと言えますね。

スキンビル ホットクレンジングジェルN

マナラと並んで人気があるホットクレンジングがスキンビルです。

 

使用感はマナラと似ていて、ほとんど同じような感覚ですね。

 

こちらはマナラと比べるとビタミンC誘導体などの成分は入っていないのですが、ボタニカルエキス(植物エキス)がたっぷり入っています。

 

成分的にはマナラの方が良いですが、値段はスキンビルの方が少し安いですね。

 

私個人的には断然マナラ派ですが、安く済ませたい場合はスキンビルも悪くないと思いますよ。

 

マナラとスキンビルの比較

まとめ

この記事ではホットクレンジングのメリットやデメリットについて触れつつおすすめの化粧品を紹介しました。

 

特にホットクレンジングがおすすめなのは、毛穴や肌のざらつきなどに悩んでいる人や化粧ノリが悪い人にはドンピシャで美容効果が感じやすいと思いますよ。

 

ホットクレンジングは今となっては定番になっていますが、化粧品が多くて迷う場合はまずはマナラを使ってみるのがおすすめです。

 

市販もされていますが、キャンペーンを使うと割安で購入できる上に万一合わない場合でも45日の返金保証が受けられるのでお得ですよ。

 

マナラを使った私の口コミ
おすすめの記事